RFQ

2021.6.17製造業向け見積業務支援「RFQクラウド® 」 サンプラネットへの導入決定

A1A株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:松原脩平、以下「A1A」)は、本日、医療・健康・環境分野にかかわるビジネス・サービス関連事業を展開する株式会社サンプラネット(本社:東京都文京区、代表取締役社長:平井一雄、以下「サンプラネット」)に、当社の製造業購買部門の見積業務を支援するクラウド型SaaSシステム「RFQクラウド(アールエフキュークラウド)」を導入したことをお知らせします。

RFQクラウド導入の背景

サンプラネットにおいては、エーザイ株式会社およびエーザイグループをはじめとする国内の医薬品・食品関連の製造工場や研究機関への機材や消耗品等の購買を担う営業本部において、購買業務の属人化やスキルの偏りが課題となっていました。
「どこの業者が何に強い」「このメーカーの製品ならこの業者が安い」といった仕入れ先の情報が個人に依存し、経験の豊富なメンバーとそうでないメンバーの間でスキルの偏りが生じていたのです。
そうした課題を解決するために、見積業務をクラウド上で完結しデータの蓄積・共有を支援する「RFQクラウド® 」が導入されました。
医療・製薬業界でDXへの動きが加速する中で、こうした購買調達領域におけるデジタル化のニーズも高まっています。

導入の目的と今後の展開【サンプラネット 営業本部管理グループ 課長 葉山様 コメント】

働き方改革への関心が高まる中、営業本部では非効率的な見積業務が原因で残業時間の増加といった問題が浮き彫りとなっていました。
非効率的な業務の原因である担当者毎に依存したサプライヤに関する情報を一元管理し、査定に必要な知識やノウハウを部署内で共有することでメンバーのスキルを底上げするべく、今回「RFQクラウド®︎」を導入しました。
経験の浅い担当者を含めてだれもがより短い時間で適切な見積査定が行える体制づくりと、購買業務の更なる効率化を目指します。

導入事例インタビューページ
株式会社サンプラネット 導入事例

RFQクラウド® 概要

「RFQクラウド®︎」は購買調達における見積業務をWEB上で完結し、過去の見積データの蓄積・共有を可能にするクラウド型見積システムです。
製造業の調達業務においてコストや納期を決定する重要なプロセスである「見積もり」に特化した業界初のクラウドサービスとして2019年10月にリリースし、見積業務に課題を抱える多くの企業で本製品を採用いただいています。

A1Aは今後も本製品の提供を通じて購買調達のDX実現を支援してまいります。

■ 株式会社サンプラネット

本社所在地:東京都文京区大塚3-5-10
代表者  :代表取締役社長 平井 一雄
設立   :2002年4月1日
資本金  :4億5500万円
事業内容 :医療・健康・環境分野にかかわるビジネス・サービス関連事業
URL   :https://www.sunplanet.co.jp/

■ A1A株式会社(エーワンエー)

本社所在地:東京都千代田区神田三崎町2-6-7
代表者  :代表取締役 松原脩平
設立   :2018年6月
資本金  :2億7955万4千円 ※資本準備金含む(2021年5月11日時点)
事業内容 :「RFQクラウド」の企画・開発・運営・販売、購買調達コンサルティング
URL   :https://www.a1a.co.jp/

本リリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、価格、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後、様々な要因により予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

本リリースに関するお問い合わせ先

A1A株式会社 マーケティング・PR担当:小野
TEL:03-6478-2099(代表)/E-mail:pr.marketing@a1a.co.jp  営業時間:平日10:00~18:00

SHARE

  • Facebook
  • Tweet
  • LINE
  • >
  • 最新情報>
  • 製造業向け見積業務支援「RFQクラウド® 」 サンプラネットへの導入決定