RFQ

【最新の学術研究から紐解く】調達購買部門が主導するイノベーション ~ 調達購買部門の地位を高める戦略的活動 ~

経営学者が語る! 最新の研究から紐解く調達購買部門が主導するイノベーションとは

多くの製造業の企業において、外部環境の急激な変化に伴い、調達購買部門の重要性は高まっています。
そういった中で、さらに経営に貢献するために、どのような取り組みが必要かを模索されている調達購買部門の方は多いのではないでしょうか。
そこで本セミナーでは、調達購買部門が主導するイノベーションプロセスをテーマに、東京理科大学MOTより専任教員の岸本氏と修了生 兼 大手メーカーの根本氏をお招きしたセミナーを開催します。
(岸本氏の個人HPはこちら。今回のテーマに関連する資料等が無料で多数アップされております。)

参加者様からのご質問にもお答えしていきますので、是非お申し込みフォームよりご質問をお寄せください!

イベント概要

日時:2024/6/18(火) 14:00〜15:30 (見逃し配信あり)
会場:Zoom Webinarを使用したオンライン開催
参加費:無料

登壇者情報:
岸本 太一 氏 / 東京理科大学MOT 専任教員
一橋大学大学院商学研究科博士後期課程を修了後、東京大学ものづくり経営研究センター特任助教等を経て、2014年より東京理科大学専門職大学院(MOT)の専任教員に就任。同大学院は、社会人ビジネススクールであり、学生の平均年齢は40代前半。MBAではなくMOT(=Management of Technology)のため、理系出身者も数多く学ぶ。兼職で大企業の幹部研修や戦略構築プロジェクト等も多数担当。
※ 岸本氏の個人HPはこちら。今回のテーマに関連する資料等が無料で多数アップされております。

根本 佳信 氏 / 東京理科大学MOT 修了生 兼 大手メーカー所属バイヤー
早稲田大学卒業後、総合電器メーカー等にて約10年、太陽電池等、石油会社の新事業分野にて約12年、電子機器から素材、原材料まで幅広い資材のグローバル調達に従事。その傍らで2022年東京理科大学MOT修了。現在は精密電子機器メーカーにて、グローバル資材調達に従事。
※ 根本氏はご都合上、当日のご登壇ができない可能性がございますので、その点についてご了承くださいませ。

松原 脩平 / A1A株式会社 代表取締役社長
慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、株式会社キーエンスにて営業として主に東海エリアの自動車関連メーカーを担当。「同じ企業でも工場や部門・担当者が変わると製品の納入価格が変わる」という当時の気づきがA1A創業のきっかけとなる。その後、ベンチャーキャピタルでの投資家経験を経て2018年にA1Aを創業し、現在に至る

視聴方法

下記フォームよりお申込みいただいた後、メールにて見逃し配信の視聴用URLをご送付いたします。
※同業他社様からのお申込みはお断りさせていただいております。あらかじめご了承ください。

SHARE

  • Facebook
  • Tweet
  • LINE
  • >
  • お役立ち情報>
  • 【最新の学術研究から紐解く】調達購買部門が主導するイノベーション ~ 調...