RFQ

物価上昇時代におけるサプライヤーコミュニケーションのあり方とは

自動車業界で営業と購買を経験した水野氏が値上げ局面におけるサプライヤーコミュニケーションのあり方を解説!

近年、多くの製造業の調達購買部門において、取引適正化の動きの中でサプライヤーとのコミュニケーションに変化が求められているのではないでしょうか。

特に、原材料費や労務費を中心とした値上げ申請に対してどのように対応するべきか悩ましいというお声を非常に多くいただいております。

そこでこの度は、自動車業界にて営業と購買の両方を経験した経営コンサルタントの水野咲志氏をお招きして、
物価が上昇する時代においてサプライヤーとどのようにコミュニケーションをとるべきかかを解説するセミナーを開催いたします。

事前質問も募集しておりますので、お気軽にお申し込みフォームよりご質問いただけますと幸いです。

イベント概要

日時:2024/07/09(火) 14:00〜15:00 (見逃し配信あり)
会場:Zoom Webinarを使用したオンライン開催
参加費:無料

登壇者情報:
水野 咲志 氏
自動車業界の部品メーカー/完成車メーカー2社で働いた経験のある30代後半の調達マン。
今後不透明な時代が予測される中、サプライヤーの収益改善の必要性を感じ昨年経営コンサルタントとして独立(経営全般や調達分野が専門)。
現場改善だけでなく間接部門も含めた改善が得意。好奇心旺盛さと行動力が取り柄。

視聴方法

下記フォームよりお申込みいただいた後、メールにてご視聴用URLをご送付いたします。
※同業他社様からのお申込みはお断りさせていただいております。あらかじめご了承ください。

SHARE

  • Facebook
  • Tweet
  • LINE
  • >
  • お役立ち情報>
  • 物価上昇時代におけるサプライヤーコミュニケーションのあり方とは