RFQ

【東海光学株式会社様】相見積の徹底で「最適なサプライヤ」の選定を可能に。コスト削減に向けた仕組み構築を実現。RFQクラウドDXモノづくり

東海光学株式会社様

事業内容
眼鏡レンズの製造販売、光学薄膜加工及び光学薄膜製品の製造販売
年商
100億円(2020年9月決算期)
購入品目
事務用品、消耗品、工場備品 など

課題
購買業務が部署ごとに実施されており、会社全体としての購買管理が徹底できていない
相見積にかかる工数が大きいため、依頼先が少数のサプライヤに固定化されてしまっている  

ゴール
バラバラだった購買業務を集約し、全社的なコスト削減の基盤をつくる
複数サプライヤへの相見積を徹底し、最適価格による購買を実現する

東海光学株式会社は創業82周年を迎えた眼鏡レンズメーカーで、素材開発から設計・二次加工に独自技術を持ち、国内のみならず世界60か国以上の販売実績を持つ最新眼鏡メーカーです。

今回はRFQクラウド®︎の導入前に抱えていた課題や、今後の活用ビジョンなどについてお話をお伺いしました。

SHARE

  • Facebook
  • Tweet
  • LINE
  • >
  • お役立ち情報>
  • 【東海光学株式会社様】相見積の徹底で「最適なサプライヤ」の選定を可能に。...